麻布漢方Herbal Room

漢方薬剤師れいな先生のブログ

五臓 腎(2021.02.05)

さて、本日は
五臓「腎」についてenlightened

西洋医学的な腎臓の働きを含めて、もっと幅広い意味をもちます。

東洋医学における腎の働き
・エネルギーの貯蔵
・成長発育生殖のコントロール
・水分代謝のコントロール
・骨や骨髄を丈夫にし、脳の働きを活性化

腎のもつエネルギーは生まれてから徐々に増えていき、

女性は7の倍数で体が変化、28歳頃をピークに減少していく
男性は8の倍数で体が変化、32歳頃をピークに減少していく

といわれています。

あくまでもこれはひとつの目安であり、もっと若い年齢でピークがきてしまう=腎の弱りが早い

そして、「老化が早まる」ことになります。


さて、みなさんはどうでしょうか。
簡単な腎虚チェックをのせておきます。チェックしてみましょう!

□皮膚が乾燥する

□ほてりやすい

□寝汗がひどい

□口が乾きやすい

□トイレが近い

□手足が冷える

□寒がり

□足腰が弱ってきた

□白髪、脱毛が増えた

□髪質が細く弱々しくなった
 

腎の弱りは老化を加速させます。早めのご相談を✨


<< 戻る