麻布漢方Herbal Room

漢方薬剤師れいな先生のブログ

肝陽上亢におすすめ!(2020.09.17)
先日、救心製薬さんにお越し頂き、
第3類医薬品である【能活精】についての勉強会でした!
麻布漢方では定期的に勉強会を行い、個々のさらなる知識の向上に努めております。



能活精とは?



主要生薬は羚羊角(レイヨウカク)
→ウシ科サイガレイヨウの角
他、沈香(ジンコウ)、遠志(オンジ)、紅参(コウジン)、サフランが構成生薬です。

それぞれの働きを簡潔にまとめると、
・羚羊角
ケラチンやリン酸カルシウムなどを含む
鎮静、抗炎症、解熱

・沈香
鎮静、鎮痙、健胃
消化不良や胃腸虚弱に用いられる
東洋医学的に言うと気血水の「気」をしずめてくれる

・遠志
鎮静、抗炎症、利水
精神を安定させる

・紅参
古来より強壮薬(体力回復や疲労回復として使われていた薬)として用いられている

・サフラン
鎮静、鎮痙の他、活血(血流を良くする)

いずれも見てわかる通り、
構成生薬は静める働きをもつものばかりです。
そのため能活精は、肝陽上亢におすすめ!

肝陽上亢とは肝陰虚にともなって現れる、頭部を中心とした辛い症状。
例えば、
□ストレスによるイライラや焦り
□のぼせ
□脳疲労による集中力低下
□頭痛
□首肩のコリ などなど…そのため能活精は、肝陽上亢におすすめ!

能活精で頭にこもった熱をクールダウンし、スッキリさせましょう✨
個包装なので、毎日服用でなくても、
カバンなどに何袋か入れておいて症状が辛い時だけ飲むのも良いですenlightened

・用法用量
1日2回、水またはお湯で服用
大人(15歳以上) 1回2カプセル
8〜14歳 1回1カプセル
→8歳から服用可能です!集中力を高めたい、保ちたい、受験勉強中のお子さんにも◎

ストレス社会で生きる現代人にはピッタリのお薬。
是非一度お試しくださいませ!

----麻布漢方の漢方カウンセリング----
お悩みの状況、お体の状態、それぞれのライフスタイル等を伺った上で、オーダーメイドでご提案いたします。
今自分の体がどのような状態なのか気になりませんか?お悩みを一つ一つ改善していきましょう!

(麻布漢方HerbalRoom)
営業時間:12時〜20時
定休日:日曜日、月曜日
---漢方相談---
火水→漢方薬剤師 野口貴司
木金土→漢方薬剤師 西崎れいな
お電話でのお問い合わせ
▶︎03-6435-5866

麻布漢方Instagram
フォローお願いします!
▶︎ @azabukanpo_beauty
 

<< 戻る