麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

高脂血症

高脂血症

高脂血症

現在は、「脂質異常症」と呼ばれています。 自覚症状がないまま、血液中に脂質が増えて血管内にたまっていき、動脈硬化を起こしやすくなり、脳梗塞、心筋梗塞、大動脈瘤など重大な病気のリスクが高まります。

高脂血症の基準値と原因は?

脂質名称

数値

病名

LDLコレステロール

140mg/dl以上

LDLコレステロール血症

120~139mg/dL

境界型高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール

40mg/dl未満

HDLコレステロール血症

中性脂肪

150mg/dl以上

高トリグリセリド血症

 

脂質異常症の検査は、空腹時の採血にて行われます。 LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪の3つの値のいずれかが、下記の範囲を超えると脂質異常症と診断されます。 ・高LDLコレステロール血症
悪玉コレステロールと呼ばれる、LDLコレステロールが多い状態で、脂質異常症の中で一番多く見られます。
お肉や乳製品などの動物性脂肪の多い食事、卵などのコレステロールの多い食事の影響が大きいです。また、ストレスを受けたときに分泌されるストレスホルモンにもコレステロールを増やす働きがあります。

・低HDLコレステロール血症
血液の中から余分なコレステロールを肝臓に運び出してくれる、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールが少ない状態です。
運動不足や、喫煙、肥満などが主な原因です。

・中性脂肪
体のエネルギー源となる中性脂肪ですが、過剰に蓄えられると脂肪肝や皮下脂肪となってしまいます。
糖質や炭水化物、脂の多い食事の取りすぎ、また、お酒の飲み過ぎも中性脂肪の増加を起こします。

脂質異常症の予防

食生活は、魚に含まれている不飽和脂肪酸が、LDLコレステロールを下げてくれるので、魚を積極的にとるようにしましょう。また、大豆などの植物性たんぱく質や食物繊維もコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあるので、できるだけ食事に取り入れるようしましょう。食物繊維は芋類、きのこ類、海藻に多く含まれています。 また、運動をすることで、善玉のHDLコレステロールが増えて、血管内に付着したコレステロールを取り除いてくれるので、動脈硬化の予防にもつながります。 適度な運動と、なるべくストレスのない生活を心がけましょう。

ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る