麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

便秘

便秘

便秘とは??

腸が正常に動いていると、通常1日3回〜3日に1回ぐらい排便があります。 3日以上排便がなかったり、便が硬くていきまないと出ない、残便感がある、コロコロした便がでる、ガスが溜まってお腹張る、といった症状がある場合が便秘とされています。

便秘の種類

便秘の種類を知ることが、適切な治療の第1歩ですので、ご自身の便秘の種類を把握しておくと良いでしょう。

便秘には大きく分けて「機能性便秘」と「器質性便秘」の2種類があります。

●機能性便秘
機能性便秘はさらに「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3種類に分類されます。
「弛緩性便秘」とは、腸の運動が低下したり、筋力が低下してしまい、便を押し出すことができず、便が腸管に長くとどまって固くなってしまうタイプです。女性や高齢者に多く、運動不足、極度のダイエット、栄養分不足などが原因となって起こります。
「痙攣性便秘」とは、腸の運動が引き攣ったようになって、便の通りが悪くなり、ウサギの便のようなコロコロした硬い便となるタイプです。ストレスや過敏性腸症候群などが原因となって起こります。
「直腸性便秘」とは、便が溜まっているに、排便の反射が弱まってしまったため、排便されないタイプです。高齢者や排便を我慢しがちな人、浣腸の濫用などが原因となって起こります。

●器質性便秘
腸そのものに原因があって、便が通過できなかったり、排出できないタイプです。血便(黒色便、赤い鮮血便)や嘔吐、激しい腹痛などがあったら、下剤は使用せずに、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

便秘にならないためには?

便秘になると、体内に老廃物が溜まってしまうので、肌荒れを起こしたり、生活習慣病にもなりやすくなってしまいます。また、お腹が張ることで食欲がなくなったり、ストレスを抱えやすくなります。
普段から便秘にならないように、下記のような事を心がけて見ましょう。

●朝起きたらコップ1杯のお水を飲む
便を柔らかくするために大切なお水、または牛乳を朝起きたらコップ1杯のみ、腸を刺激しましょう。

●朝食を食べる
朝食を食べない方も増えているかもしれませんが、朝食は便意を促しますので、しっかり摂るようにしましょう。

●食物繊維をたくさんとる
海藻やイモ類、野菜、豆類など食物繊維の多い食品を意識してとるようにしましょう。


●排便の習慣を身につける
毎日決まった時間にトイレに行くようにしてみましょう。特に、朝食後が胃腸の動きが活発になるのでおすすめです。

●適度な運動とマッサージ
腹筋を鍛えたり、お腹のあたりをさするようなマッサージは、腸が刺激されるのでおすすめです。

ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る