麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息とは??

気管支喘息は、突然咳き込んだりする症状ですが、喘息の症状がないときでも、気道に慢性的に炎症が起きているため、気道が敏感になっています。そこに、花粉やハウスダストなどのアレルギーを起こす「アレルゲン」や、タバコ・ストレス・気圧の変化などによって気道が刺激されると、気道がむくんで狭くなり、呼吸が苦しくなったり、痰などの分泌物が増えて、喘息の症状が発症します。

気管支喘息の症状は?

気管支喘息には、下記のような様々な症状があります。
・呼吸をすると、ヒューヒュー・ゼーゼーといった音が出る
・息を吸うより吐く方が辛い
・突然咳き込む
・息苦しい
・咳と痰がでる
・夜間〜早朝に咳がでる

小児の時の喘息は、15歳ぐらいまでに症状が治まっていくことが多いですが、成人になって再度発症したり、成人になって初めて発症する方が近年増加しています。
これは、住環境や食事の変化、ストレス社会であることなどが影響していると考えられています。

気管支喘息を予防するには?

第一に、気管支喘息を引き起きす、アレルゲンを体内に入れないことです。
アレルゲンには、花粉・ハウス・ダニ・ホコリ・ペットの毛などがあります。なるべくこま目に掃除して、室内を清潔にしましょう。
また、タバコの煙は気道を刺激してしまうので、注意してください。

次に、体調を整えることです。
ストレスや睡眠不足などによって、自律神経のバランスが崩れると、喘息が起こりやすくなります。しっかりと休養をとって、体の状態を整えましょう。
また、発作がないときでも、気道に炎症が起きているので、風邪やインフルエンザなども気道の炎症を悪化させてしまうので、流行の季節は特に、しっかりと手洗いやうがいをし、マスクの着用などで予防するようにしましょう。
また、症状が安定してれば、適度な運動もおすすめです。
運動により、体力がアップしたり、心臓や肺の機能を高めることができるので、喘息の予防になります。

もし気管支喘息が起きたら?

発作を我慢していると、重大な結果となる場合がありますので、なるべく早く、発作用の治療薬があればすぐに吸入し、専門の医療機関を受診しましょう。

ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る