麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

副鼻腔炎

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは??

鼻の穴の周りにある4つの空洞のことを「副鼻腔」といいます。副鼻腔は、繊毛で覆われていて、粘液の分泌を行なっていて、外からのホコリやウィルスなどの異物の侵入を防いでいます。 この副鼻腔に炎症が起こった状態を「副鼻腔炎」といい、主に「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」の2種類があります。毎年、1000〜1500万人もの人が、かかっていると言われています。 また、この2種類以外にも「好酸球性副鼻腔炎」という副鼻腔炎が話題となっています。

どんな症状?

「急性副鼻腔炎」は、風邪などで細菌やウィルスに感染し、副鼻腔に炎症がきます。炎症による鼻腔がふさがってしまい、副鼻腔内に鼻汁がたまり、さらにそこに細菌やウィルスが繁殖して膿みが溜まった状態です。 主な症状は、鼻づまりや、膿黄色っぽいどろっとした鼻汁(膿がでる)が特徴です。また、副鼻腔は目やほっぺた、おでこのあたりまで通じているので、頭が重く感じたり、目の奥が痛むなどの症状が出る場合もあります。

次に、この状態が3ヶ月以上続くものを、「慢性副鼻腔炎」と言います。 慢性化すると、鼻茸と呼ばれる良性のポリープができることがあります。このポリープが副鼻腔を塞いでしまうため、味覚障害を起こす場合もあります。

また、近年話題となっているのが「好酸球性副鼻腔炎」です。これは、厚生労働省から難病指定されていて、治療や手術をしても再発を繰り返します。症状としては、鼻茸がたくさんできて、硬いどろっとした鼻汁出ることが特徴です。 血液中の白血球の一種の「好酸球」が過剰に増えることや、アレルギー性鼻炎や喘息と関わりがあるとされていますが、原因は現在も不明です。

副鼻腔炎にならないためには?

副鼻腔炎の予防は、できるだけ、風邪を引かないようにすることですが、もしかかってしまったら、慢性化させないことです。 そして、鼻水を溜めないように、鼻粘膜を生理食塩水等で鼻洗浄し、清潔に保つようにしましょう。

また、市販の点鼻薬は、即効性で鼻づまりにとても効果がありますが、長期で使用していると、逆に鼻の粘膜が腫れて、余計に症状が悪化することがありますので、注意しましょう。

治療が遅れると症状が慢性化して悪化してしまいますので、なるべく早く専門科に相談してください。

ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る