麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労とは??

目の使いすぎによって、目が疲れてしまった時、通常は一晩ぐっすりと休息をとると、疲れは無くなりますが(これを疲れ目と言います)、眼精疲労は目を休めても症状が良くならない状態を言います。
症状は、「目が重い・かすむ・充血する・痛む」など目の症状だけでなく、「頭痛や偏頭痛がある」「首・肩こりがひどい」「イライラする」「吐き気がする」など、全身の症状が出る場合もあります。

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因は一つだけではなく、様々な原因が重なって起こると言われています。 その原因は大きく分けて、「環境」「目の病気」「全身の異常」があります。

①環境
パソコンやスマートフォンの長時間使用や、合わない度数の眼鏡やコンタクトレンズの使用などがあります。また、空気の乾燥や、紫外線などが影響することもあります。

②目の病気
緑内障や白内障、ドライアイ、斜視・斜位などの目の病気から眼精疲労がおこることがあります

③全身の異常
睡眠不足や疲労、ストレスにより、自律神経のバランスが崩れると、涙の量が減るため眼精疲労となることがあります。

眼精疲労の予防と対策

眼精疲労にならないためには、日頃から環境や生活習慣を整えましょう

①パソコンの使用について
画面を50cm以上離すようにしましょう。また、こまめに休憩をして目を休めるようにしましょう。スマートフォンを使用する際も、なるべく画面から目を離して、こまめに休憩しましょう。

②空気の乾燥を防ぐ
エアコンなどを使用する際は、空気が乾燥しないように、加湿器などを使用して保湿するようにしましょう。

③生活習慣
体の疲れや睡眠不足、ストレスをためないように、趣味や軽い運動など、日頃からリフレッシュできるように心がけると良いでしょう。

④目に良い栄養をとる
眼精疲労にはビタミンB群がおすすめです。豚肉、レバー、鶏肉、玄米などのビタミンBが多く含まれている食品をとるように心がけましょう。


眼精疲労はただの疲れだけでなく、その裏に病気が隠れていることもあります。
なるべく早く専門科に相談してください。


ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る