麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

下痢

下痢

下痢とは??

下痢とは、排便の回数が増えたり、水分の多い状態の便が出る症状のことです。 理想と言われているバナナ状の便の水分量は70〜80%です。水分量が80〜90%が軟便、90%以上が下痢便となります。

下痢の種類

胃で消化された食物は、腸で99%の水分が体内に吸収されながら、ぜん動運動により体外へ排出されます。このぜん動運動が活発になりすぎたり、十分に水分が吸収されなかったりすると、下痢になります。

下痢は大きく分けて下記の3種類に分類されます。

●運動亢進性下痢
腸のぜん動運動が活発になりすぎている状態で、内容物が短時間で腸を通過してしまうと、水分が十分に吸収されずに下痢を起します。ストレスやアルコール、辛いものや酸味のある食べ物、冷えなどが原因で起こります。

●分泌性下痢
腸からの腸液などの分泌物が過剰に増えると、便の中の水分量も増えて下痢を起こします。細菌に感染したり、食物アレルギーなどで起こります。

●浸透圧性分泌
腸管内の浸透圧が上昇して、水分が吸収できなくなった状態の下痢です。
暴飲暴食、一部の下剤や、人工甘味料、サプリメントなどを摂取すると起こります。

そのほか、下記の病気によっても下痢が起こる場合があります。

・ 潰瘍性大腸炎・・・大腸の粘膜に炎症が起きて、長期間の下痢と腹痛、血便などの症状が見られます。
・ 大腸ポリープ・・・大腸の内側にポリープ(多くは良性)ができ、血便や下痢、または便秘の症状が見られます。
・ 過敏性腸症候群・・・ストレスにより腸のぜん動運動が乱れて、腹痛、便秘と下痢が交互に起こったり、何週間も下痢が続くことがあります。
・ 薬の副作用・・・抗生物質や抗がん剤などの影響により下痢が起こることがあります。
 

下痢になった時はどうする?

①水分補給
激しい下痢が続くと、体内から水分や電解質が失われて、脱水症状になる場合がありますので、スポーツドリンクなどを少しずつ飲むようにしましょう。また、冷たいものは刺激になるので、常温で飲むと良いでしょう。



②消化の良いものを食べる
胃腸に優しい食事として、うどんやおかゆ、すりおろしたリンゴなどがおすすめです。コーヒーやアルコール、辛いもの・酸味の強いもの、脂の多いものは刺激になるので、避けるようにしましょう。

③ストレスを解消する
ストレスにより、腸のぜん動運動がみだれやすくなりますので、しっかり睡眠をとったり、軽い運動などを心がけて、ストレスを発散するようにしましょう。


数日経っても下痢が止まらなかったり、激しい腹痛・発熱・血便などがある場合は、なるべく早めに医療機関を受診するようにしてください。


ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る