麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

風邪をひきやすい

風邪をひきやすい

風邪が流行ると必ず風邪をひく人もいれば、ここ数年風邪を引いていないという人もいます。また、風邪が長引く人、すぐに治る人、人によってそれぞれですよね。なぜこのこのような違いが出るのでしょうか?

風邪とは

風邪の原因は、鼻やのどの粘膜が、微生物(約90%がウィルス、10%が細菌)に感染することで起こります。
風邪を引き起こすウィルスは、200種類以上もあると言われています。このため、一度風邪が治ったとしても、また別のウィルスに感染して風邪を引いてしまいます。

風邪の症状はなぜ起こるの?

ウィルスが鼻や口から侵入して粘膜に付着・増殖すると、ウィルスを体にいれないように、防御反応が働きます。この防御反応が、咳・痰・くしゃみ・鼻水です。粘膜に炎症が起こると、のどの痛みや鼻づまりが起こります。さらに体にウィルスが侵入すると、体は熱を出してウィルスと戦います。
この防御反応のことを、免疫と言いますが、この免疫力が高ければ、ウィルスに感染しても、このような症状は起きません。 免疫は、睡眠不足・ストレス・疲労・栄養不足などが原因で低下してしまいます。また、免疫を抑制する抗がん剤などを服用している場合も、同様です。

風邪をひきにくくするには?

風邪をひきにくくするには、免疫力をあげることと、ウィルスの感染を防ぐことが大切です。

<免疫力をあげる>

●睡眠の質を上げて疲労をとる
体の疲れをとり、免疫力をあげるために最も大切なことが睡眠です。
あまり長く睡眠の時間が取れないという方は、睡眠の質をあげるようにしましょう。眠る3〜4時間前のコーヒーなどのカフェインや、アルコールの摂取は控え、パソコンやスマートフォンも控えるようにしましょう。
また、睡眠中は唾液の分泌などが低下し、粘膜が乾燥して免疫機能が低下しますので、加湿器を使用したり、マスクをして、保湿するようにしましょう。

●湯船に浸かる
お風呂に浸かると、全身の血行が良くなり、疲労物質を排出しやすくなります。また、体が温めることで免疫力もアップします。
少しぬるめの38〜39度ぐらいのお風呂に浸かると、緊張している筋肉が緩み、リラックスできるのでおすすめです。
疲れているときはシャワーではなく、できるだけお風呂に浸かるようにしましょう。

●腸内環境を整える
免疫で最も大切な器官は「腸」です。免疫細胞の70%が腸にあると言われています。腸の善玉菌を増やすことで、免疫力がアップします。
おすすめの栄養素は、乳酸菌(ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌)、βグルカン(きのこ類)、トリプトファン(ナッツ類、お肉)です。
※トリプトファンはアミノ酸の一種で、幸せホルモンとも呼ばれる、セロトニンを作るのに必要な成分です。腸だけでなく、睡眠やストレス緩和にも関わる大切なホルモンです。

●食生活を見直す
腸内環境と合わせて、鼻やのどの粘膜を強化する、ビタミンA(レバー、緑黄色野菜)や、免疫力をあげるビタミンC、ビタミンE(アーモンド、さつまいも)、亜鉛(牡蠣、海藻類)も積極的に取るようにしましょう。

<感染を防ぐ>

●手洗い・うがい
風邪対策の基本は、ウィルスを体に入れないことです。外出から帰ったときは、手洗いとうがいをしっかり行うようにしましょう。

●外出時にはマスクを着用
外出する際は、できるだけマスクをして、他者からの飛沫感染を防ぐようにしましょう。

風邪をひきやすい方は、上記をぜひ試してみてください。
なかなか忙しくて休めない、食事がなかなか取れないという方は、漢方で免疫力アップのお手伝いをいたします。


ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る