麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

メニエール・めまい

メニエール・めまい

めまいに悩んでいる方は少なくありません。しかし、あまり積極的な治療がなされていないのが現状です。
めまいの多くは耳の病気が原因とされていますが、それ以外にも脳や血圧からくるものなど、様々な原因があります。

めまいの症状の種類

めまいの症状は大きく分けて3つに分類されます。

●回転性めまい
自分自身がぐるぐると回っていたり、周囲の景色や天井がぐるぐると回って見えるようなめまいのことです。主に内耳という耳の器官の異常で起こり、耳鳴りや吐き気を伴うこともあります。メニエール病がこれにあたります。

●浮動性めまい
地に足がついていないようなフワフワ感や、乗り物酔いのようなユラユラ揺れているようなめまいのことです。内耳や脳の異常、高血圧などで起こります。症状は回転性めまいより軽度で、比較的短時間でおさまります。

●立ちくらみのようなめまい
急に目の前が真っ暗になったというような症状のめまいで、急に立ったりしたときになどに起こりやすく、耳の異常ではなく、脳に送られる血液量が一時的に減った時に起こります。ストレスや貧血などで、自律神経が乱れると起こりやすくなります。

めまいの原因

めまいが起こる原因は様々ですが、大きく3種類に分類され、耳が原因となるめまいが6割、脳が原因となるめまいが1割、耳・脳以外が原因のめまいが3割と考えられています。

●耳が原因で起こるめまい
耳が原因となるめまいの代表的な疾患は、良性発作性頭位めまい、メニエール病、前庭神経炎などです。
  • 良性発作性頭位めまい:起き上がったときなどに頭を動かしたり、位置を移動したりすると、回転性のめまいが起こります。1分以内で症状は収まり、耳鳴りを伴うことはありません。三半規管の耳石が原因で、耳が原因のめまいの中でも最も多い疾患です。
  • メニエール病:激しい回転性めまいとともに、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。長時間症状が続き、耳鳴りや耳の閉塞感を伴います。ストレスや睡眠不足、疲労により誘発されます。
  • 庭神経炎:激しい回転性めまいが起こり、吐き気や嘔吐を伴いますが、耳鳴りや閉塞感は伴いません。一度発作が起こると、2〜3日ほど症状が続き、歩行が困難になる場合が多いです。平衡感覚を司る、前庭神経にウィルスが感染して起こると言われています。

●脳が原因で起こるめまい
脳が原因で起こるめまいは緊急を要するものがありますので、注意が必要です。
  • 脳出血、脳梗塞:脳に出血や梗塞が生じると、回転性のめまいが生じたり、意識障害、激しい頭痛、ろれつが回らない、手足が痺れるなどの症状を伴います。この場合はすぐに処置が必要になります。
  • 椎骨脳底動脈循環不全:脳に血液を送る椎骨動脈、脳底動脈が、主に動脈硬化によって血管が狭くなり、血流が低下して、めまいが起こります。回転性、浮動性、立ちくらみめまいのどのめまいも起こりやすく、首を回したりひねったりする際にめまいが起こります。吐き気や嘔吐、しびれなどを伴うことがありますが、耳鳴りはほとんどありません。症状は数十秒ほどで消失します。

●耳・脳以外が原因で起こるめまい
  • 高血圧・低血圧・貧血・更年期障害などが原因となってめまいが起こることがあります。

日常生活でできる予防法


●ストレスを溜めない
ストレスや睡眠不足、疲労による自律神経のバランスが乱れると、めまいが起こりやすくなったり、悪化する原因となります。 しっかりと休養をとり、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

●アルコール、カフェイン、タバコを控える
アルコールやカフェインはめまいを誘発することがあります。また、タバコのニコチンが、血管を収縮させて血流が悪化しますので、なるべく控えるようにしましょう。

●ゆっくり体を動かす
急に首をうごがしたり、急に立ち上がることで、めまいを起こしやすくなります。なるべくゆっくり首を動かしたり、立ち上がるように心がけましょう。

●ビタミンB12を積極的に摂取する
めまいの治療でも使われるビタミンB12は、神経に作用しますので、めまいに効果的です。レバーやカキ、豚肉などを積極的に摂取すると良いでしょう。 めまいには様々な原因があります。耳だけでなく、脳の疾患で起こることもありますので、めまいがある方は一度専門家にご相談ください。


ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る