麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

糖尿病

糖尿病

糖尿病について

糖尿病

糖尿病の西洋医学的な見解をご紹介します

糖尿病は大きくわけて二つ

糖尿病には大別して【I型糖尿病】と【II型糖尿病】に分けることができます。

ここ で は日本人の糖尿病患者の9割を占めているといわれる【II型糖尿病】についてご説明します。

9割をしめるII型糖尿病について

II型糖尿病は、インスリンというホルモンが体内で不足する、あるいはインスリンの働きが低下することによって発病します。

インスリンは血中のブドウ糖と脂肪酸 からグリコゲンと中性脂肪を作る働きを担っています。

糖尿病のこわさ

糖尿病のこわさ

インスリン量の減少や作用の減弱が起こり糖尿病になると、摂取した食物中に含まれる糖や脂肪を消化吸収できなくなります。

こうなると体内の糖や脂肪が吸収されずに血液中に留まるので、血液組成に占める糖と脂肪の割合が増加します。これらの高血糖や高脂血症は、 体中の血管に障害をもたらします。

たとえば眼の血管に障害が生じると、網膜の血管 の出血や白内障が生じ、やがては失明に至ります。

また、下肢の血管に障害が生じると神経障害と相まって下肢の壊疽(エソ)を引き起こします。

この他にも、脳血管に障害が生 じれば脳梗塞、腎臓に生じれば腎不全、心臓に生じれば心筋梗塞というように、糖尿病の合併症と呼ばれる重篤な疾患に至ります。

糖尿病の初期には自覚症状がありません!

このような生命を脅かす重篤な症状を引き起こす糖尿病ですが、発症初期には自覚症状がないのが恐ろしい点です。

糖尿病の古典的症状としては、喉の渇き、多尿、全身のだるさが挙げられますが、現代ではこうした症状が現れる前に定期的な健 康診断で高血糖が発覚することにより糖尿病と診断されることが多くなっています。

糖尿病を予防策は?

予防策

II型糖尿病は遺伝的要因と環境的要因が発症要因として代表的です。

このうち糖尿病の予防にとって重要なのは環境要因、つまり日頃の食習慣や運動習慣の改善です。

前述したインスリンの機能不全は脂肪の過剰摂取や運動不足が引き金となって生じると考えられているので、適度な食事量と栄養バランスの取れたメニュー、そして軽度の運動の継続によって、血液中の糖と脂肪の消化吸収を正常に保つことが糖尿病にならない体を作る上で大切だと言われています。

ご相談は麻布漢方Herbal Roomへ


<< 戻る