麻布漢方Herbal Room

麻布漢方herbal roomが特に得意とする相談

ひざの痛み・神経痛

ひざの痛み・神経痛

ひざの痛みの原因は?

ひざの痛み・神経痛

私たちは日常の様々な動作でひざの屈伸を繰り返しています。

ひざを含めてすべての関節には可動域、つまり動く範囲に限度があります。

この可動域を超えて膝を動かしてしまったり、屈伸動作の繰り返しが多くなると、痛みが起こってくることがあります。

これは関節によって繋がれている骨と骨が磨り減って変形して周囲を圧迫したり、関節周辺の筋や腱が障害を受けたために生じる痛みです。

慢性的な痛みの原因は長時間の同じ姿勢・動作が原因です!

これとは別に、正座のように関節を長時間圧迫させる状態を続けた結果、ひざに慢性的に痛みが残る場合があります。これは長時間同じ姿勢を取り続けた結果としてひざ関節周辺の神経が圧迫されることによって生じる痛みです。

またこのときは同時に周囲の血管も圧迫してしまうことによって血行不良を生じさせ、痛みが慢性化します。

特に男性では、自動車を長時間運転することがひざの痛みの原因になることが多いようです。

これは運転中に膝を支点としてアクセル・ブレーキ動作を繰り返すためです。

慢性化した痛みをそのままにしてしまうと・・・

ひざの痛み

ひざの痛みが慢性化すると痛みを避けながら足を動かそうとするために、ひざ関節が変形するおそれがあります。

これは変形性関節症と呼ばれ、重労働者や高齢の女性に多いと言われています。

高齢の女性に多いのは、骨粗しょう症が併発し、関節や骨がもろくなっていることが原因だと考えられています。

痛みを和らげるには?

ひざの痛みは痛み止めを服用したり、鎮痛作用のある湿布薬を患部には貼付することで緩和しますが、同時に下半身の血行不良を改善することも大切です。

また関節の変形を防ぐために、ひざに負担をかけない動作を身につけることを心がけましょう。

最近では日常動作を補助する自助具が開発され、その使用が普及しつつあります。

これらに加えて、コラーゲンのように加齢に伴い減少していく関節の構成成分を栄養として補給することも、関節を強化し変形や痛みを予防する方法として注目されています。


<< 戻る